スマホ修理が必要な状況に追い込まれたとして、横浜でしたらスマホ修理のお店を探すのは難しくありません。例えば本体が車に踏まれて完全大破してしまった様なケースでしたら、公式のスマホ修理を横浜の大手家電量販店を探してお願いすれば本体交換処置になりますが、大抵はクリア出来ます。転落事故で画面が割れてしまったとか、水没事故でスイッチが入らなくなってしまったというのでしたら、今度は横浜内の街の電気屋さん等に的を絞って、非公式修理をお願いするという手段もあります。非公式と言っても非合法という意味と一緒では無くて、単にメーカーの公認を受けていないというだけであり、パーツ交換で済む修理に関しては公式修理よりも格段に早く対応してくれます。

メリットとしては、「迅速な対応で公式のパーツ交換等の修理が1週間以上の所を、早ければ1時間以内でしてくれるケースがあり得る」という事がまず挙がります。特に画面割れであったり、電源関係のトラブル程度でしたら空き時間にもよりますが、公式よりも非公式の方はコストの面で見てもお得です。スマホ修理代保険に入っているケースを除外するのであれば、画面割れでも公式でしたら15000円掛かってしまう事も珍しくない事は知っておいた方が良い部分と言えます。加えて「データーが保持される可能性が大きい」という事も非公式修理では大きいメリットと言えます。

機械関係の事である以上絶対という事は言えませんので確実を期したいのであれば日頃からデーターを小まめにクラウドや、自分のPCに保管しておくべきですが、水没事故等の場合でも専門家ならではの探索をしてくれますので、どうしても失いたくない物があるというならば、トライしてみる価値はあります。ただ、デメリットもあり非公式にお願いした後で公式修理が必要な事態が発生してしまうと、パーツ交換の様子等から気配を察せられてしまい修理を断られてしまうケースがある事は知っておくべきです。他にも、修理会社によって修理のクオリティがかなり違ったりもしますので、その辺で間違いを無くしたいというのであれば、昨今総務省により始まった「登録修理業者制度」の審査に合格した所を選ぶというのも1つです。メーカー公認という意味では無く、総務省が認可する認定であり部品の仕入れ元や、修理を行う機種や個所に作業を行う施設と技術者の練度等をしっかりチェックされたお店がこの認定を受けられます。

持っていなくとも違法ではありませんが、修理のクオリティ担保という意味では依頼前に確認しておくのも1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です