横浜でしたら、スマホ修理のお店は公式と非公式を問わずに沢山あります。あるいはスマホ修理横浜の後に、大手家電量販店名を入れて検索したり、メーカー公式HPの方から横浜を条件として探せば公式修理先が見つかりますし、非公式のスマホ修理も良い条件の所が沢山出て来ます。後は非公式修理の方は、総務省の「登録修理業者認定審査」にパスしているお店の方が技術練度であったり、データー等の守秘に関して担保があるという事を押さえておけば申し分ありません。ただ、どっちの修理をお願いするにしても、まず注意しなければいけないのはデーターの管理です。

スマホが2つに割れてしまい、もはや本体交換処理しなければどうにもならない様なケースだったり、別にデーターに未練が無いという場合は別ですがそれ以外の場合に、データーをどうしても維持したいという様な事があるのでしたら、予め自分で出来る事をしっかり確認しておいた方が安心出来る点が多くなります。まず、スマホがアンドロイドでしたらSDカードを回収しておけば修理完了後にそれを挿せば改めて使えます。スマホが完全に大破している場合でも、SDカードが無事であるならば新機種に挿し直せば問題無く使えるので、まずは保管する事が何よりも大事と考えて下さい。ただし、新機種の方がSDカードを使わないタイプであった場合には、この手は使えませんのでSDカードの規格が合うか否かも含めてしっかりチェックしておく事が重要です。

ちなみにPCを持っているならば、SDカードからデーターを吸い出す事も出来ますので、普段から小まめに保管の癖を付けておくとトラブル発生時にも困りません。続いて、iPhoneの場合はituneというソフトをPCにインストールする必要があり、アンドロイドの場合は不要という事は知っておかないといけませんが、スマホの電源が入るのであればデーター転送用のUSBケーブルでスマホとPCを繋げば、データー救出の目算があります。この時、特に重要なのはPCがスマホを認識出来るか否かという点であり、認識さえしてくれたならば、作業が出来ます。スマホ側のUSB接続モードを充電モードからデータ転送モードへ切り替える必要がある場合、スマホが操作が出来ないと詰んでしまうというデメリットがありますが、その場合は「dr.fone–Androidデータ復元」や「PhoneRescue」と言った専用ソフトを使えば可能性は幾らか残る事もポイントです。

これ以外には大手キャリアのデーター復旧サービスにお願いするという選択肢と、非公式修理でデーター回収を専門とする会社にお願いする事、そしてクラウドサービスからデーターを救出するという3種類の方法が考えられます。特にクラウドにデーターがあるか否かは、設定次第になりますがこれが使える場合は高純度でデーターを回収出来る目算が高いです。横浜でスマホ修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です