医療脱毛と他の脱毛との違いは

医療脱毛とは、エステなどの医療機関以外で行っている脱毛との違いを明確にするための言葉といってもいいでしょう。

今主流である特殊な光を使って発毛組織を破壊する脱毛方法は、いわば意図的にやけどを負わせる施術です。そのように直接的に身体に影響を及ぼす施術は、医師の元、もしくは鍼灸のように国家資格を得たものしか行ってはならないとされています。長い間エステで行う光脱毛は、法律のグレーゾーンに位置していました。それを「扱える照射の出力」によって差別化し、医療機関が行う脱毛との住み分けを行うことで、今に至っています。

要するにエステでは、肌トラブルが起きない可能性が高く、医療行為によるアフターケアが必要ないのではないかと考えられる出力の範囲内での施術を行わなければなりませんが、医療機関は出力に上限がありません。医師が必要と判断した出力で、施術を行うことができます。効果はこの出力に応じて高くなりますので、医療脱毛は結果を感じるのが早く、完成も早いといわれています。

自由診療となりますし、医師が施術を行いますので、エステなどと比べてかなり値段が高いといった印象になります。とはいえ通う回数が減れば、それだけ全体的な出費は少なくなります。費用対効果を考えて医療脱毛を選択したという人も、少なくありません。痛みは出力に比例しますが、医療機関であれば麻酔などの対応も可能です。メリットはそれぞれにありますので、自分に合った方法での脱毛を検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *