医療脱毛の契約で最も気を付けるべき点は

医療脱毛は、医療機関が行う脱毛です。

扱える出力などに制限がありませんので、エステのそれと比べ、かなり効果が得られやすいといわれています。ただし、自由診療になりますので、若干高額だといった印象は受けるでしょう。そこで医療脱毛を積極的に行っているクリニックの中には、利用者がお得に脱毛ができるように、コースなどの商品をラインナップさせているもの見られます。

15回保障や4年保証で回数無制限など、都度払いと比べて明らかのお得感があるコースが提案されれば、クレジットカードで支払ったりローンを組んででもなお。お得感があるということも大いにあるでしょう。そのようなお得なコースは大変人気です。しかしこれらに対しての「救済」といった面では、かなり気を付けなければなりません。エステなどの場合、消費者救済の面から、契約後のクーリングオフもありますし、明らかにエステ側に落ち度があれば「契約解除」の手段も取れます。

もし契約事項が消費できないうちにエステ店がつぶれるなどすれば、エステ協会に申し出ることで、他店での代替えサービスが提供されるなどもあります。しかし医療機関の場合、そこで取り交わされた契約は「医療契約」です。医療脱毛もそれに該当しますので、クーリングオフもできなければ、契約解除も難しくなります。もし病院がつぶれてしまった場合には、代替えサービスなどを受けられない可能性のほうが高いでしょう。そういった面からみて、契約の失敗が許されないのは医療脱毛です。契約に至るときには、慎重な判断が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *